基礎工事

家の要となる基礎工事。

ジェイプランの建物では立ち上がり部分はもちろん、床下全面にまで配筋を施し、厚さ160mmの土間コンクリートを打つ「ベタ基礎」を採用しています。

​⇩

フレーム工事

ジェイプランの建物は2×4工法を使っています。

2×4工法は面(壁)で構成されるため、柱で建つ在来工法よりも耐震性や耐風性が高く、高気密高断熱で耐火性も高いのが特徴です。

基礎 土台
フレーム工事

​⇩

躯体の検査​

第三者検査機関による躯体の検査を行い、建築基準法に準ずる建物の安全性を厳正にチェックしています。

検査

​⇩

給排水、電気などの設備工事

​給水排水の水道設備や、電気などの配線工事等壁や床を施工する前にしなくてはいけない工事を行います。

​⇩

木工事(造作工事)

​外装工事(外壁、サイディング)

​断熱材は吹付ウレタン断熱を採用。

外壁工事と並行して内装の工事に取り掛かります。

配線
吹付断熱

​⇩

​内装工事

石膏ボード、クロス施工等、室内の工事を行います。

​⇩

​エクステリア工事

​車庫等外構工事を行います。

内装工事
エクステリア工事 カバードポーチ

​⇩

工事竣工検査

​竣工後、第三者機関による検査を行い、建物に

不具合がないか確認します。

工事竣工検査

​⇩

お引渡し

​各設備の取り扱いの説明などを行い、鍵をお渡しして無事にお引渡し完了です。

お引渡し